2019年03月15日

卒部式。

こんばんは!Percussionパートの竹澤です夜

少しずつ春が近づく今日、3年生58名が卒部を迎えました。


いきなりですが、私達の代の名前を発表します!
レ・ミゼラブルの代ですぴかぴか(新しい)
定期演奏会の大曲として、またマーチングメンバーの曲として、部員の記憶に色濃く残るこの名を名乗ることができて嬉しいです!


卒部式では、1.2年生の面白いパフォーマンスを見たり、プレゼントを交換するなどの和気藹々とした時間が流れた一方、3年生や先生からのメッセージでは涙を零す部員も多くいました…
かく言う私も号泣した1人です笑
3年間の最後を飾るいい式になりました!
開催してくれた1.2年生、ありがとう!


58名。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、例年と比べて少ない人数です。
私達は少人数だからこそ、沢山支え合い、沢山ぶつかり合い、沢山笑い合い、ここまで辿り着くことができました。
侍JAPANの応援、2度の海外遠征、55周年記念演奏会、野球応援Expo、千葉ロッテマリーンズの応援などなど…沢山の行事や出会いに恵まれた3年間。
習志野高校吹奏楽部でなければ、この代でなければ出来なかった貴重な経験は、きっと何年経っても私達の心を彩り、その先に導いてくれることと思います。

「レ・ミゼラブル」という言葉の意味をご存知でしょうか?
日本語版のタイトルは「あぁ無情」ですが、単語の訳としては「悲惨な人々、不幸な人々」などの意味があるそうです。
辛いことも悩むことも沢山あった。でもそれ以上に、共に乗り越えてくれる仲間が沢山いること、乗り越えた先にこれでもかとばかりに輝く舞台があること、好きで始めた音楽に沢山の人が拍手を送ってくれること。
そんな幸せが沢山ある環境は、なかなか見つからない。
不幸な人々だなんてとんでもない笑
むしろ他の人より幸せな3年間を過ごさせて頂きました。

その幸せの原動力となったのは、応援してくださる皆様です。
3年間、本当にありがとうございました。
平社員ですが、レ・ミゼラブルの代を代表して御礼申し上げます。

…しかし!
卒部しても終わらない!笑
夢の甲子園が待っていますグッド(上向き矢印)
まだまだ居座る3年生も、完全に新体制になってからも、習志野高校吹奏楽部の応援よろしくお願い致します!


長々と語ってしまいすみません…
私の練習日記も今日が最後になります。
2年間、拙い文章に付き合っていただきありがとうございました!

今日はこの辺で失礼します!
練習日記に頂いたコメントをこっそり励みにしていた竹澤がお送りしました♡笑
posted by nhssb at 00:33| Comment(4) | 日記

2019年03月12日

小さなお客様。

おはようございます晴れ
Percussionパートの竹澤です。

実は1.2年生は先週の金曜日から、テスト期間なんです!
1年の総まとめのテスト、是非頑張って欲しいです笑

昨日は、3年生の最後の本番、なかよしコンサートが行われましたるんるん
市内の幼稚園児を対象に行うコンサートです。
1曲ごとに、一言喋るごとに素直な反応を見せてくれました笑
さんぽやUSAなどでは、一緒に踊ったり歌ったりもしました!
パワフルな子供たちと対称に、割と激しい振り付けに「膝が痛い」などと疲労を訴える18歳のおじさんおばさん達…笑
子供たちの可愛さに癒される1日でしたかわいい
昨日のコンサートをきっかけに、子供たちが音楽に興味を持ってくれたら嬉しいです^^

昨日で、東日本大震災からちょうど8年。
幼稚園児たちは、まだ産まれてもいませんでした。
当たり前が、突如として奪われてしまうこともあるのだと、毎年この日に考えさせられます。
今ある日常を大切にしたいと、改めて感じました。
被災地の1日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

それでは今日はこの辺で失礼します。
自宅の片付けをしていたら短い鉛筆が大量に入った缶を見つけ、自分の物持ちの良さに驚いた竹澤がお送りしました笑
posted by nhssb at 08:25| Comment(1) | 日記

2019年03月04日

チーム習志野!

こんばんは!Percussionパートの竹澤です夜
花粉がよく飛ぶ時期になってきましたね…
花粉症がひどい私は、一昨日から箱ティッシュを持ち歩く生活を送っています笑

さて、今日はならしの学校音楽祭でした!
先陣を切ったのは、小学校フェスティバルバンド。
昨日閉講式を迎えた小学校管楽器講座の受講生と、習志野高校の3年生の合同バンドです。
1年間の集大成として、インペラトリクスとドレミファナラシドを演奏しました!
1年前より成長した小学生の姿に、目頭が熱くなる思いでしたもうやだ〜(悲しい顔)

私は舞台袖でほとんどの学校の演奏を聞いていましたが、どの学校も素敵な演奏で、改めて「音楽のまち習志野」の素晴らしさを実感しました。
出演した小中学生と一緒に演奏するグランドフィナーレでは、チーム習志野の絆を感じることが出来ました。
私は市民ではありませんが、習志野市の一員として活動出来たことに感謝していますぴかぴか(新しい)

3年生にとっては、最後の習志野文化ホール、最後の青ブレザーでした!
3月に入り、どんどん終わりの時が近づいてきて、寂しいような気持ちが日に日に増していく今日この頃です。
最後まで手を抜かず、有終の美が飾れるよう頑張りたいと思います手(グー)

それでは今日はここで失礼します!
定期演奏会の差し入れで頂いたお菓子が大量にあり、沢山食べてしまうことに罪悪感を感じる竹澤がお送りしました笑
posted by nhssb at 00:42| Comment(1) | 日記