2019年03月04日

チーム習志野!

こんばんは!Percussionパートの竹澤です夜
花粉がよく飛ぶ時期になってきましたね…
花粉症がひどい私は、一昨日から箱ティッシュを持ち歩く生活を送っています笑

さて、今日はならしの学校音楽祭でした!
先陣を切ったのは、小学校フェスティバルバンド。
昨日閉講式を迎えた小学校管楽器講座の受講生と、習志野高校の3年生の合同バンドです。
1年間の集大成として、インペラトリクスとドレミファナラシドを演奏しました!
1年前より成長した小学生の姿に、目頭が熱くなる思いでしたもうやだ〜(悲しい顔)

私は舞台袖でほとんどの学校の演奏を聞いていましたが、どの学校も素敵な演奏で、改めて「音楽のまち習志野」の素晴らしさを実感しました。
出演した小中学生と一緒に演奏するグランドフィナーレでは、チーム習志野の絆を感じることが出来ました。
私は市民ではありませんが、習志野市の一員として活動出来たことに感謝していますぴかぴか(新しい)

3年生にとっては、最後の習志野文化ホール、最後の青ブレザーでした!
3月に入り、どんどん終わりの時が近づいてきて、寂しいような気持ちが日に日に増していく今日この頃です。
最後まで手を抜かず、有終の美が飾れるよう頑張りたいと思います手(グー)

それでは今日はここで失礼します!
定期演奏会の差し入れで頂いたお菓子が大量にあり、沢山食べてしまうことに罪悪感を感じる竹澤がお送りしました笑
posted by nhssb at 00:42| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
初めて投稿します。この日記も楽しみにしています。
習志野は音楽のまちとのことですが、それは間違いなく習高が引っ張っているんだと思います。
習高の音楽は毎年必ず魅了してくれます。それだけ皆さんが努力されているのだと思います。その努力が確実に後輩に受け継がれて、伝統となって…
習高の卒業生が羨ましいです。
Posted by m at 2019年03月05日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: