2022年10月08日

海ほたる25周年 音楽フェスティバルに出演しました!

こんばんはやや欠け月
Tromboneパートの鈴木です。




今日は「東京湾アクアライン・海ほたる25周年 音楽フェスティバル」に県立袖ヶ浦高校、拓殖大学紅凌高校とともに習志野高校のマーチングメンバーが出演しました。
海の上でマーチングをする機会は滅多にないことなのでとても気持ち良く演奏できました。
また雨が心配でしたが天候にも恵まれて本当に良かったです。
今日1番の思い出は私達の演奏中に拓殖大学紅凌高校さんがノリノリで聴いてくださったり習志野高校のためにポイントテープを整えくださったりしたことです。拓殖大学紅凌高校さんと私達習志野高校は2015年の「フレンドシップコンサート」を境に毎年交流を重ねており、今年に入ってからも交流は絶えること無く、約3年ぶりとなる合同練習をしたり両校の3年生がイオンモール幕張新都心でコンサートをしています。そして今夏はんなんと両校の悲願だった夏の高校野球選手権大会千葉大会にて準々決勝で対戦することができました。
紅凌高校さんとはこれからももっと交流を深めていきたいでするんるん





明日は学校合奏コンクールメンバー(通称Sメン)が千葉県文化会館で行われる「日本学校合奏コンクールグランドコンテスト」千葉県大会に出場します。全国大会出場をかけてメンバー結成から約3ヶ月間一生懸命頑張って来たメンバーです
皆様もぜひ応援よろしくお願いしますexclamation×2





それではここで失礼します。
3校での集合写真撮影でたくさん話せて嬉しかった鈴木がお送りしましたend
posted by nhssb at 22:49| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
海ほたるが25周年も経つんですね!
音楽フェスティバルお疲れ様でした。

海ほたるの動画YouTubeで見ましたぁ〜♪
やっぱ野球応援☆イイね〜!
野球場での一体感が浮かんで来そうで、元気を分けてもらえました☆

拓殖大紅凌さん→自分の学校の仲間のようにノリノリ応援〜♪素敵な関係ですね。

きっと?
持ちつ持たれつの関係なのかな?

習高さんを見てると

『人として生きて行く為の全てを、改めて勉強できる気がします』
(当事者の習高のみんなは→なんのこっちゃ?と思うかも知れないけど)

下記は引用しました☆
1,
「ハーバード大学の75年間にわたる追跡調査によると、人間の幸福や健康は、年収、学歴、職業と直接的には関係ない。関係があったのは『いい人間関係』だった」

2,
およそ50年近く障がい者雇用を実践し続け、日本中に忘れかけていた大切な良心を取り戻すことに多大な貢献をされた日本理化学工業の大山泰弘会長。(文房具やチョークを作ってる会社)。その大山会長が禅寺の住職との対話で、、何度もミスをして叱られ、施設にいれば楽できるだろうに、それでも必死に働かせてほしいと懇願する知的障がい者の社員たちの心がわからないと告げた会長は住職にこう悟らされます。

『人間の幸せは、モノやお金ではありません。
人間の究極の幸せは、
人に愛されること・人にほめられること・人の役に立つこと・人から必要とされること』

3,
偉人アルベルト・アインシュタインの名言

・Life isn’t worth living, unless it is lived for someone else.
誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。
・Only a life lived for others is a life worthwhile.
他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ。

習高吹奏楽部のみんなは
上記のどれも当てはまるし、地域住民や全国的に愛されてる = 幸せのサイクルに包まれてる気がする。

そして石津谷先生・海老澤先生・小栗先生や色々な人の人力で、世代を越えた絆Powerやこのサイクルがずっと前から動いてる。

だから その輝きにみんな魅せられるんじゃないかな〜?

輝きと言えば?
海ほたるでの マーチング動画→青春の輝き☆隊列でのサビ部分

弧を描き出しても音圧→◎でした!

また素敵な演奏楽しみにしています_(._.)_
Posted by kouji at 2022年10月11日 01:41
学校合奏コンクール金賞・代表おめでとうございます。メンバーの皆さんも喜んでいると思います。
応援している私も嬉しいです。
Posted by at 2022年10月11日 19:45
また喜ばしい報告を聞けて嬉しいです。
また以前のように、県内に留まらず全国各地に習志野高校吹奏楽部の名が轟くようになるのでしょうね。
名古屋は難しそうですが、大阪は現地で応援させていただく予定なので今からとても楽しみです。
Posted by っ at 2022年10月12日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: