2022年03月15日

春の良き日に。

こんばんは三日月
火曜日担当、Contrabassの草gですかわいい

昨日はホワイトデーでしたね!
部員の中にもチョコレート交換をする姿がちらほらと見られていました。
私も何人かに貰いましたが、嬉しい半面太るのを少し危惧しています。

そして、昨日は私たち63期緑ジャージ、通称緑ジャの卒部式の日でもありました。
午前中は3年生主催の「みどみどぐりぐりコンサート」を習志野高校の音楽ホールで開催しました。
お世話になった担任の先生や教科担当の先生をお招きして、3年間の感謝の気持ちを込めて演奏を披露させていただきました。
また、この日のためにとある男子部員が、今まで緑ジャが取り組んできた曲をもとに新しい曲を作ってくれましたexclamation×2
まさに「緑ジャの、緑ジャによる、緑ジャのためだけの曲」ということです!
他にも私たちの1番の思い出が詰まった曲「マンオンザムーン」や、12月の勝浦特別公演でも披露させていただいた合唱「ふるさと」を全員で手話付きで歌うなど、思い入れのある曲を演奏しましたるんるん

コンサートが終わり、午後は卒部式でした。
習志野高校吹奏楽部には、毎年卒部式で3年生が後輩たちの名前を呼ぶという伝統があります。
私も例に漏れず、同じパートの同期たちと一緒に後輩の名前をひとりひとり呼びました。
(1年、もしくは2年間私たちについてきてくれた頼もしい後輩たちです。きっと、今までの伝統を引き継ぎつつ、新たな歴史を刻んでくれることでしょう。乞うご期待!)
後半には、一部の部員がサプライズで3年間の思い出ムービーを作ってくれていたものが上映されました。
1年生の頃の自由な活動を懐かしんだり、時々出てくるオフショット(この場合、事故画像とも言います)に笑ったり、それぞれが挑戦してきたコンクールやコンテストの軌跡に泣きそうになったりと、みんな楽しく3年間を振り返っていましたわーい(嬉しい顔)
顧問の先生方にお礼のお手紙を渡し、最後は先輩と後輩でプレゼントを交換し合って、卒部式はお開きになりました。


この3年間、本当に色々なことがありました。
先輩方に置いていかれないよう、必死に食らいついていた1年生。
コロナによる自粛で活動が制限され、改めて「当たり前」のありがたさを痛感した2年生。
例年より少ない人数で、それでも最高学年として部を引っ張り、13年ぶりの三冠を達成することができた3年生。
どの年も辛いことは多く、ぶつかりあったことやスランプに陥ったことも少なくありませんでした。
ですが、3年間に共通して言えることは、私たちは最後までただひたすら前だけを向いてきたということです。
“悩んでた時は 目も合わなかったね 走ってた僕ら 前を向いてきただけさ”
2年前に、東京スカパラダイスオーケストラさんとコラボさせていただいた際の『風のプロフィール』という曲の歌詞の一節です。
この歌詞にあるように、私たちはどんな時でも前を向いて怒涛の日々を走り続けていました。
どれだけ体力的にキツくても、どれだけ部活動と勉強の両立が大変でも、どれだけ厳しい練習でも、下を向かずに頑張ってこれたという自信があります。
それは、皆さまの応援や演奏後の拍手に応えたいという思いがあり、そしてなによりみんなが音楽を愛してやまないからです。
自分たちが大好きな音楽で、感動の渦を巻き起こせる。こんなに幸せなことは他にないです。
習志野高校吹奏楽部として活動することで、この先の人生でもう二度と戻れない、貴重で大切な日々の思い出を作ることができました。
今まで応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。


これからは緑ジャの55人がそれぞれの道へ進みます。
お別れは寂しいですが、習高吹部で経験したことを忘れず、各々のベストを尽くしていけることでしょう。
また会う日まで、少しばかりのお別れです。
緑ジャのみんな!最高に楽しい学年でした!この学年で本当に良かったです。今までたくさんの思い出を、仲間を、感動をありがとう!!!

それでは、本日はここまでで失礼したいと思います。
顧問の海老澤先生の「皆さんを誇りに思います」という言葉に泣きそうになってしまった(帰宅した後、思い出してないてしまったもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔))草gがお送りしました。
2年間、私の拙い文章を読んでくださり、ありがとうございました!!
posted by nhssb at 23:47| Comment(1) | 日記

2022年03月08日

卒業証書授与式が行われました。

こんばんは三日月
火曜日担当、Contrabassの草gですかわいい

本日は第63回卒業証書授与式が行われました。
私たち63期生は、吹奏楽部のみならず多くの生徒がコロナの影響を受けていました。
しかし、強い忍耐力で自粛期間を乗り越え、制限がある中での学校行事に取り組んだり、最後の大会で数多くの結果を残すことができた学年だと思っています。
3年間同じ教室で共に学んできた友人たちと離れ離れになるのはとても寂しいですが、これからは習志野高校の「雑草魂」を胸に新しい環境でそれぞれが活躍できると信じています。

卒業式が終わり、在校生ではなくなった私たちですが、吹奏楽部としての活動はもう少しだけ続きます。
最後まで応援よろしくお願い致しますexclamation×2

短いですが、本日はここまでで失礼したいと思います。
友人たちとたくさん写真を撮って、カメラロールがみんなとの写真で埋め尽くされて嬉しさ半分わーい(嬉しい顔)寂しさ半分もうやだ〜(悲しい顔)な草gがお送りしましたるんるん
posted by nhssb at 22:46| Comment(1) | 日記

2022年03月01日

久しぶりの近況報告です!

こんばんは三日月そしてお久しぶりです!
火曜日担当、Contrabassの草gですかわいい
(今更ですが、ちなみに草gは「くさなぎ」と読みます。)

前回の相の投稿から気づけば1ヶ月以上が過ぎてしまいました。
練習日記の更新を楽しみにしていてくださった方々、大変申し訳ありませんでした。
この間、私たちが何をしていたかというと…

ほとんど、何もできていませんでした。
千葉県でのまん延防止措置が延長され、その影響を受け予定していたコンサートも中止になりました。
練習も平日週3日のみ、居残り練習もできず満足に活動らしい活動をすることができない状況が長く続いています。
楽器を吹きたい気持ちはやまやまなのですが、これ以上感染が拡大してしまうと活動自体もできなくなってしまうため、気持ちをぐっと堪えて今できることを少しずつ積み重ねています。ふらふら

しかし、そんな中でも嬉しいニュースがありましたひらめき
1年生の中から選ばれた代表者4名が第34回千葉県吹奏楽個人コンクールの西部地区予選に出場し、全員が本選への出場が決定致しました。
また、1月22日に君津市民文化ホールで行われた第27回東関東アンサンブルコンテストに2年生のクラリネット四重奏チームが出場し見事金賞を受賞、更には全国大会への切符を手にしました。
私たち3年生としては後輩の活躍が嬉しく、同時に彼ら彼女らの成長がとても頼もしく感じられましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
3年生が卒部するまであと2週間足らず。
それまでは3学年が足並みを揃えて、そして新体制になってからは新しい習高サウンドを作り上げることができるよう、1分1秒を大切に活動していきたいと思います。

それでは本日はここまでで失礼したいと思います。
最近、電話での声が母にそっくりと言われることが増えた草gがお送りしましたるんるん
posted by nhssb at 23:48| Comment(0) | 日記